おしゃれソファ

掃除嫌いが本をきっかけに掃除が好きになった件

掃除の本

掃除が嫌いで、どうしたら好きになるかと本屋をさまよって、
流行前の「そうじ力」の本に出会いました。

それ以来、ずいぶんこまめに掃除するようになりました。
本には開運効果などが書かれていますが、
それはよくわからないながらも、何かのマジナイと違って
やればやるほど部屋がきれいになるという
即時効果が良いですね。そこからはまって、
いろんなそうじの本を読みました。

狭い部屋の場合の掃除の工夫

私は部屋が狭いということもあり、掃除機を持っていません。
じゃまになるからです。そうじのときは、カーペットやラグマットを
ベランダではたいて干し、ウエットシートで手拭きします。

そのほうが狭いところ、細かなところにも目が行き届き、
丁寧にきれいにできます。また、あるとそうじしにくくなるので、
床にものを置かなくなります。

水まわりはメラミンスポンジが大活躍。

洗剤を使う必要はほとんどないので、
お風呂洗剤もほとんど使いません。
古い歯ブラシも取っておくようにしています。

アルカリウォッシュの作り方と活用方法

ちょっとがんこな汚れが見つかったときは
「アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)」の粉を水で
溶かしたものを吹き付けます。

これはフローリングの床でも、水回りでも、
洗濯物でも使えるすぐれもの。

100均で買ったスプレーボトルに溶かして常備していますが、
一度買ったらなかなか減らないしエコだと思います。

ベッドと布団の掃除体験談

ベッドは毎朝、布団をいったん外して、外気にあてるようにしています。
寝ているあいだには毛穴から良からぬモノが出ているそうです(笑)
ですので日光や風によくあてるようにしています。
そのため、朝起きたら、冬でも玄関とベランダ、
あいだのドアも開けて風が通り抜けるようにしています。
布団はもっぱら、日光浴させて殺菌しています。

フローリングやキッチンの防汚コーティングはしてみたいですね。
ブランドバッグなどは、買ったらマスクと眼鏡をかけて、
ベランダで防水スプレーをかけまくります。

テレビの裏などにも効果的です。床も夏は裸足になるので、
いつの間にか汚れがついていたり、キッチンは特に
トマト系や油が飛ぶ料理をすると、
すぐに拭いてもなかなか取れないので。

汚れがつきにくかったり、
ついてもつるっと取れると嬉しいですね。

体験談&感想の投稿